人手が足りないなら電話代行のサービスに頼ろう

男性と女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

市場調査は企業の原点

PCを操作する人

工数をかけずに情報収集

企業が営業活動を行う際に最も大事なポイントの一つがマーケティングです。市場がない場所に営業活動を行っても需要がないため売り上げにつながりません。顧客あってこその商売が成立するため、マーケティングは企業の基本ともいえるのです。一昔前は、人の手でマーケティングを行っていました。情報収集をたくさん行った方がより実態に近い分析をすることができるため、日夜情報収集を行っていたのです。しかし最近は、IT技術の進化によりマーケティングオートメーションが主流になっています。今まで人の手で行っていたマーケティングをマーケティングオートメーションにすることで人の手を介さずに情報収集することができるようになったのです。工数削減にも寄与しているのです。

顧客ニーズを的確に分析

マーケティングオートメーションには、メール配信や、登録フォームなどのWEBを利用したものが多くなっています。顧客が登録した内容を情報として集約する機能になります。リード管理やマーケティング分析などを行う機能もあります。一つのソフトウェアですべてを管理することができるのが最大のメリットになります。短時間かつ、工数をかけずに集めることのできる情報となりますので、潜在ニーズの発見も容易に行う事ができるのです。顧客の声を集めることは難しいのですが、SNSなどの情報発信ツールを使用し、マーケティングオートメーションに取り入れることで顧客のニーズを的確に把握することが可能になるのです。これにより、市場に出す商品の成功率も極めて高くなります。